ハッシュピーク株式会社が分散型IDを利用した患者中心型医療ブロックチェーンプラットフォームのデモ機をリリース 〜全世界でユーザー数1,500万人を誇るアプリを開発したベトナムIT企業VMOJapanと共同開発〜

ハッシュピーク株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:前田琢磨、URL:https://hashpeak.com)は、ベトナムのIT会社VMO Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:BUI MANH KHOA、https://vmodev.jp)と共同開発した分散型IDを利用した患者中心型医療ブロックチェーンプラットフォームのデモ機をリリースしました。

分散型ID(DID:Decentralized ID)は、非中央集権的にIDの管理を行い、安全に本人確認や資格認証を行うブロックチェーンの応用のひとつです。今回ハッシュピーク株式会社は、患者、医師、研究者が分散型IDを発行し、医療データの発行、認証、共有を行う医学研究プラットフォームのデモ機を開発しました。患者が自身の医療データを自ら管理しつつ、医師が医療データを認証することでデータの質を担保しながら、データを研究者間で共有する次世代型医学研究プラットフォームのデモ機です。患者の医療データは患者同意のもとでERC20トークンと交換取引され、患者は自身の医療データが誰と共有されたかブロックチェーンの記録からトレースすることが可能です。また、医療データは代替不可能トークン(ERC721)と紐付きされ、欠損データや誤入力などがない質の高いデータに対して付加価値をつけることが可能となります。
ハッシュピーク株式会社は、引き続き患者中心型医療ブロックチェーンプラットフォームの社会実装を目指し、事業開発を推進していきます。

本デモ機は、2020年10月28日から30日まで幕張メッセで開催される「第11回 Japan IT Week 秋」のIT展示会で発表します。

■ ハッシュピーク株式会社について
ブロックチェーンとヘルスケアをテーマに事業展開する2019年設立のテクノロジー&コンサルティング企業。現在は、医療ブロックチェーンの事業開発を推進中。同社代表は、20年以上にわたりおよそ50社80以上のトップマネジメントコンサルティングプロジェクトの経験を保有する前田琢磨氏。同氏は2012年から2018年までIQVIAソリューションズジャパン株式会社において製薬業界20社以上のマーケティング戦略、事業性評価、薬価戦略のコンサルティングなど数多くのプロジェクトに携わり、さらにテクノロジー事業責任者として業界のデジタルトランスフォーメーションを推進した実績があります。ハッシュピーク株式会社は同氏のヘルスケア業界とデジタル技術の専門性をベースにヘルスケア業界のイノベーションの実現を目指す先進企業です。
 
■ VMO Japan株式会社について
ベトナムIT企業のVMO HOLDINGS TECH 株式会社の日本法人。本社がベトナムのハノイに2012年に設立。スタートアップ企業を中心にアメリカ、スイス、シンガポールなどこれまで13ヵ国以上のお客様と250件以上のシステム開発プロジェクトを行ってきました。主な開発実績:全世界1,500万ユーザーを誇るマッチングアプリの「Parktor」、中古自転車の価格をAIで判断「bicyclebluebook.com」 など、世界4,500万人以上にご利用頂いています。

日本ではDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む日本企業に対し、米国をはじめグローバルで高く評価されたIT技術と経験をご提供致します。

■ 展示会でのデモについて
展示会名:第11回 Japan IT Week 秋
期間2020年10月28日(水)~30日(金)
住所:幕張メッセ、〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1
会場:VMOジャパン、情報セキュリティ展の10番

■ 問い合わせについて
ハッシュピーク株式会社
メール: info@hashpeak.com

VMO Japan株式会社
メール:​infojp@vmogroup.com