ブロックチェーンとIoTを活用して医薬品認可を高速化:中国

中国海南省瓊海市博鰲鎮の国際的医療観光特区であるBo’ao(博鳌乐城)におけるブロックチェーンを活用した医薬品や医療機器の審査プロセスの迅速化に関するケーススタディの記事を共有します。

この記事ではNeusoft Groupが開発したトレーサビリティ管理プラットフォームが、医薬品ないし医療機器の承認に必要な様々な情報の記録や、かかる手続きを、改ざん困難かつ追跡可能な形で実現した事例が紹介されています。

IoTは人間の手によるデータ入力に伴うヒューマンエラーの発生する余地をなくすための自動入力デバイスとして使われています。

記事はこちら

Monthlyミクスにて医療ブロックチェーンの連載を11月号より開始

製薬業界向けの医療情報&マーケティングの業界専門誌のMonthlyミクスで2019年11月号より医療ブロックチェーンの連載が始まりました。

連載へのリンクはこちら

最初の回はブロックチェーンの特徴である「トラストレスな取引」という概念について、ビザンチン将軍問題の紹介と共に解説しています。トラストレスな取引とは、お互いに必ずしも信頼していない当事者の間で取引を成立させるというものです。

Monthlyミクスの購読者の方だけになってしまいますが、詳細は是非、Monthlyミクスでご覧ください。